募集要項(給付制度)留学生

令和2年度  給付制度奨学金  募集要項(留学生)

1.奨学金制度の趣旨・目的

この制度は、グローバルネットワークのめざましい進展に伴い、海外からの留学生を積極的に受け入れ、学業の達成を支援することを目的とする。その為、最も困難が多いとされる入国初年度の留学生に対し奨学援助を行うものである。

2.応募資格 (下記条件の全てに該当)

  1. 専門学校へ1年以上の在学を希望し、入学を予定していること。
  2. 学業への熱意と将来への具体的目標が明確で、留学生活に耐えうる健全さを保ち経済的援助が必要と認められること。
  3. 他の奨学金支援団体等から奨学金に類する金品を受給していないこと。
  4. 次の経済的発展途上国からの留学生を優先する。
    インド・インドネシア・タイ・東ティモール・ブータン・ブルネイ・ベトナム・モルディブ・マレーシア・ラオス・カンボジア・バングラデシュ・フィリピン・モンゴル・パキスタン・ネパール・スリランカ・ミャンマー

3.奨学金の内容

  1. 給付額月額  20,000円
  2. 給付期間   1年間
 4月入学生 (  4月~翌年3月)
10月入学生 (10月~翌年9月)

4.令和2年度奨学生採用予定数

 4月入学生 10名
10月入学生 10名

5.応募方法

奨学金を希望する者は、下記必要書類を在留資格認定に必要な出願書類とともに入学予定の学校へ提出すること。

  1. 奨学生給付申請書(所定書式)
  2. 作文「日本留学の目的」(所定書式)
  3. 推薦状(所定書式)①または②の内、1通
    ①母国高校または大学からの推薦状
    ②母国日本語学校または職場等からの推薦状
    ※応募にあたっての使用言語
    奨学生給付申請書:日本語または英語
    作 文・推 薦 状:日本語または英語
    (母国語の場合は日本語訳または英語訳を添付すること)

6.奨学生の必要書類提出期限、選考時期及び通知

奨学生は、奨学生選考委員の選考を経て、理事長が決定する。選考にあたり、必要があると認められるときは、スカイプなどを使用した面接を行うことがある。
選考結果は、入学予定の学校を通じて、本人に通知する。

  1. 4月入学生
    必要書類提出期限 前年11月末日
    奨学生選考委員による選考 前年12月上旬
    選考結果の通知 前年12月中旬
  2. 10月入学生
    必要書類提出期限 当年5月末日
    奨学生選考委員による選考 当年6月上旬
    選考結果の通知 当年6月中旬

7.採用手続き

奨学生として採用を決定された者は、入国後、速やかに当基金所定の手続きをしなければならない。
ただし、奨学金給付開始月末日までに来日しない場合は、奨学生としての資格を喪失する。

8.奨学金の給付及び報告義務

  1. 給付開始
    入国後、指定金融機関にて口座開設がなされた月から開始する。
  2. 給付方法
    奨学金は毎月20日に、本人名義の口座に振込をもって支給する。
  3. 報告義務
    奨学生は毎学期、学業成績証明書を当基金あてに提出しなければならない。

9.奨学金の停止

奨学生が次の各号のいずれかに該当するときは奨学金の給付を停止する。

  1. 退学したとき。
  2. 傷痍疾病などのために学業継続の見込みがなくなったとき。
  3. 学業成績または操行が不良となったとき。
  4. 奨学金を必要としない理由が生じたとき。
  5. 死亡したとき。
  6. 前各号のほか、奨学生として適当でない事実があったとき。

【お問い合わせ先】

公益財団法人穴吹キヌヱ忠嗣教育基金
事務局 TEL:087-811-1415